Chikanism

現実と非現実のあいだ

さよならなんて言わないで

僕が愛を信じても きっといなくなるんだろ?

それならいらない 哀しすぎるから

 菅田将暉が歌うさよならエレジー

先週の月曜日、なんとなくSpotifyでプレイリストを流していて初めて知った。2018年の曲なので、それまで聴いたこともなかったなんて、どんだけ疎いんだと笑われそうだ。

バンギャルを辞めてから邦楽をほとんど聴かなくなったのだけど、この曲はなんとなくメロディが好きだなと思って聴いていたら、歌詞も心に刺さった。

芸能に疎いので菅田将暉のことはauのCMの人というくらいの認識しかなく、歌を歌っているということに驚いた。

この曲はなんかのドラマの主題歌らしいのだけど、そのドラマも1ミリも知らないので、先入観がないのもより良いのかも。

 

そばにいるだけで 本当幸せだったな

そばにいるだけで ただそれだけでさ

という部分があるのだけど、この部分の「本当」が「ほんと」に聞こえるので、ああほんとにそうだったんだろうなあ、となんとなく思った。

 

さようならさえも 上手く言えなそうだから

手をふるかわりに 抱きしめてみたよ

ここもさ抜き言葉になっているところがほんとっぽいというか、切羽詰まった感じが伝わってくるような気がして、とても好きだ。

余裕がない感じの、すごく好きだったんだなという感じの曲が好きだ。だってリアルだから。そのほうが感情移入できる。

ちょうど大事な人との別れのようなものが過ぎたばっかりだからかもしれない。

 

ムックの気化熱という曲に

笑えないくらい 本当にすべてが君だけでした

いつかまた会えるその日まで さよなら

っていうフレーズがあって、これも「笑えないくらい」っていう表現の切羽詰まっている感じがすごく好きだ。

なんのマンガかわからないけど少女漫画で主人公が「余裕なんていつもない。ギリギリまで君が好き」ってセリフを言うんだけど、これもセリフだけ覚えているくらいすごく好きで、なんかこう恋愛のなかの余裕のない感情がいいなぁと思う。

実際に自分も余裕がないからかもしれない。

 

結局駆け引きしたり余裕ぶって相手を振り回したりするような感情は、本当に相手のことを思ってるんだろうかと疑ってしまうし、余裕なくて切羽詰まってるくらいが良い気がする。個人の価値観だけど。

 

だから久々に見た菅田将暉と、彼の歌う切羽詰まった曲、とても良いなあ。久々にいろいろ考えて、飽きるくらいずっとリピートしている。

 

今週のお題「わたしの好きな歌」