Chikanism

現実と非現実のあいだ

美しくなりたい

美容院に行った。髪色を暗くしてもらって、ちょっと毛先を切って整えてもらって、トリートメントをしてもらった。初めて行って以来ずっと通っていたのだけど、家の隣に美容院ができてしまったので3ヶ月ぶりだった。担当さんは「3ヶ月どこ行ってたの、今日は他と違うってとこ見せないとまたどっか行っちゃうね」と笑って、小顔に見えるカットをしてくれた。「ちかさんに彼氏できたらいいな〜、できたら(僕のおかげだから)絶対うち通ってね」と言う。

 

美容院代1.5万円、高すぎることはないけど安いこともない。毎月通おうと思うと、小さな出費じゃない。他にもマツエク代、医療脱毛代、ジム代が毎月かかるし、お金も時間も手間もかけたって、全然理想にたどりつけない。

美容院で長時間鏡を見つめて、なんでこんなにパーツのない部分の面積が広いのか、2時間ほどたっぷり考えてみても答えはわからずぐったりとした。

 

去年は4月からジムに通い始めて週に2回は行くようにしていたのだけど、10月ころから気合を入れ直して週3〜4回を目標にした。ジムに行った日はswarmでチェックインするようにしたら、平均すると2日に1回は通えていた。予定のある日と休館日以外はほぼ行くようにした。

それが結果としてわかるほどになったかどうかは自分ではわからないが、たまに痩せたねと言ってくれるひとがいたので少しは変化があったんだろう。今年は数値目標として5キロ痩せてキープしたい。

 

脱毛に関してはお金を払って通いさえすれば毛はなくなるので、あと3回通うだけ。施術中はそれなりに痛いし、VIOもやっているので途中であられもない姿を晒すことになり「これを乗り越えた先になにがあるんだろう…涙」と泣きたくなる。

脱毛器の目へのダメージを防ぐためにアイマスクのようなものをされ、もはや素っ裸で開脚(に近い格好)をしている自分を想像すると耐え難い気持ちになるが、施術してくれている看護師さんはもう慣れっこだろうし、このさき一生会わないし大丈夫、と自分に言い聞かせる。しかも痛い。その甲斐があるのかないのかたまに「脱毛してるの?すべすべだね(要約)」といったことを言ってもらえることもあるけど、このすべすべに合計30万以上かかってんだぞという気持ちになる。

 

それはともかく、2019年は美容をがんばりたい。去年もがんばっていたつもりではあるけど、結局体重は落ちなかったし。今年は5キロ痩せるのと、肌をきれいにするのと、ネイルをがんばる。やっぱり自分を好きになりたいなあという気持ちがあるので、もう少し自分に自信を持てるように、美しくなりたいと思う。

今週のお題「2019年の抱負」