Chikanism

現実と非現実のあいだ

劣等感に埋もれる

f:id:chikanism:20181014182658j:plain

 

自分にたいして価値なんてないって、認めるのは怖かったし、辛かった。でもなんとなくわかってもいた。

まわりのひとはみんなすごくて、わたしは何もできない。劣等感で死にそうになる。ほんとは昔からわかってたけど、気づかないフリをしてた。

友人たちはみんなかわいいけど、わたしはかわいくない。

絵がうまい子、楽器ができる子、スポーツができる子、勉強ができる子。上には上がいて、わたしはいっつも下だった。絵を描くのは好きだったけど友人たちのほうが上手だったし、勉強もある程度できたけど1番にはなれなかった。英語も得意だったけどもっと流暢にしゃべる帰国子女が山ほどいて、大学に入ればGPAは真ん中より下、順位で言えば下から数えたほうが早い。留学したらクラスで何も話せずもちろん一番できないし、就活をすればいつまでも内定がもらえないし面接で「まだ内定がないってことはなにかしら問題があるのでは(直訳)」と言われた。

 

他人と比べて優劣つけるのがすべてじゃないってわかってきた。でもまわりと比べて自分は、と思ってしまう。

うるせ〜〜〜〜他人と比べる必要あるか?!?!とは思ってみるものの、結局自分にしかない価値なんて見つけられないし、仕事する上で他人と比べてしまうのも仕方がない気がする。評価基準は相対評価ではなく自分の立てた目標が達成できたかどうかの絶対評価なのだけど、でもやっぱり同期や先輩とも無意識に比べてしまうし、比べられていると思う。

入社前に役員さんに「同期と比べてるようじゃダメだよ」って言われた。同期と比べてるくらいじゃダメで、もっと上を見ろってことだと思う。上を見たら上には上が永遠にいて、追いつけるレベルでもなくて、劣等感でどうしようもない気持ちになる。

 

自分でやりたいことと目指す先をはっきり認識してからやたらめったら他人と比べることはなくなったような気もするけど、それでもふとした瞬間にあの人達に比べて自分に何ができるんだろうという気持ちになる。他人と比べてないで自分のやるべきことをやらなければならないのに。

 

ただ周りを見て少しでも焦りを抱くことはやる気というかきっかけにもなる気がするから完全には悪くないんだろうけど。

でもこの問題には解決策は出てこなさそうだ。自分のダメなところが見えるからそこをなんとかするために頑張れるようになりたい。というか頑張る。

産業医ラボ.com