Chikanism

現実と非現実のあいだ

感情は自分のもの

少し前に読んだ本に、感情に良いも悪いもないのだ、というようなことが書いてあった。確かにそうだよね。だって感情は自分のものだし、わたしがそう感じているのは事実なんだから。

 

だけどわたしは「こういうふうに思ってしまうのおかしいのかな」とか、「こんなふうに感じる資格ないのかも」とかよく思ったりしてた。

わたしが悲しいって思う資格ないんじゃないかとか、泣くのおかしくないかなとか、特にネガティブな感情を持つことに対して、ダメなんじゃないかなと思いがちで。あとは怒れなかったり、腹が立つことがあっても大人げないかなって流してしまって、モヤモヤとした気持ちをずっと引きずったり。

表情としての感情表現も苦手なんだけど、そもそも感情を感じることが苦手なのだ。感じるだけなのに。

 

正しいとか正しくないとか、良いとか悪いとか、たぶんそういうのなくて、自分の感情を素直に受け止められるようになろう。今年の目標。あと3ヶ月くらい意識してみる。