Chikanism

現実と非現実のあいだ

普通という呪い

普通ってなんなわけ、そういう言葉に縛られたくないわ(関西弁)、なんて心の中で毒づくくせに、心の中では「普通になりたい」と渇望している自分がいる。それに気づくたびに普通ってなんだろう、と思う。でも普通になんてなれないんだろうな、とも。

 

この世に生を受けて26年、細かったことが一度もない。小学生の頃に好きだった男の子に「女子でも眉毛って繋がるんやな」と言われた。繋がってねえよ。中学生の頃に行き帰りが同じだった女の子に「ヒゲ剃ったほうがいいよ」と言われた。一方でわたしが化粧をしたり体毛を剃ったりすると、母親は過剰に怒った。「それ以上眉毛を剃ったらパソコン使わせへんで」などとなんの因果関係もない罰を言い渡され、わたしはますますこっそり化粧をするようになり、メイクがうまくいかない日は学校に行けず近鉄の駅で泣いたりしていた。

カースト上位層のグループに入ろうとするも遠回しの嫌がらせを受け、わたしはブスだしデブだしおもしろくもないし、勉強だけは(学内では)できて、上位層には入れないタイプなんだと悟った。あの子たちが話す芸能人やアイドルの話もわからなかったし、恋愛の浮いた話もなくて、漫画やアニメの話をしている方が楽しかった。後にビジュアル系にもハマったりして、ミクシィで世界の広さを知り、インターネットで趣味ブログやコミュニティを使って共通の話題のある人と関わっている方が楽しいことを知った。

今もネットで知り合った友達はたくさんいて、楽しいし大好きだし(ネットも友達も)、でもこれが世間一般で「当たり前」ではないこともちょっとわかる。

 

 

たぶんわたしの思う「ふつう」の女子は、そこそこかわいくて、スタイルも良くて、友達がたくさんいて、生活に困らない程度に稼いでいて、週末は家で映画を見たり友達とカフェに行ったりして、たまに恋人とデートして、みたいな子だ。きっとロングかセミロングでちょっと巻いた前髪と、パステルカラーのフレアスカートとかニットのワンピースとかが似合う。チークはピンクでリップもコーラルピンク。

これが世間一般の普通かどうかはわからないけど、たぶんわたしが渇望している普通で、でもたぶんなれない。

 

まぁもう26年生きたのである程度納得できる程度に顔を作る術も覚え、自分に似合う(と思われる)服も揃えて、さすがにメイクがうまくいかなくて仕事に行けないなんてことはない。

合う化粧品を探せるし似合う色も選べるしボディクリームを塗ったり脱毛をしたりジムに通ったり、「確からしい」努力を重ねられる(効果については言及しない)。褒められたらお世辞かなあと思いながらも「ありがとう」と言える。

きっと普通にはなれないけど、普通ってなんやねんと毒づきながら歳を重ねていくんだろう。あと7年くらいで十分な気もする。

自分の気持を伝えられるようになりたい

漫画はあまり読まない方だけど、珍しく定額制の漫画アプリをダウンロードしてみた。少女漫画みたいなのをいくつか読んだ。主人公が24〜30くらいのOLの。

やっぱり物語なのでストーリーがうまく進みすぎたりイベントが起こりすぎるところはあるんだけど、キャラクターの心情も描かれてるのですれ違う様子がすごくよくわかる。勝手に相手の気持を考えて、早とちりして、何も伝えずに一人で泣いて、みたいな。そういうのが積み重なって大きな問題になっていく。

でも日常もそうだよなあと思った。大事なことを言わずに、勝手に想像して、言いたいことは言わなくて、逆に思ってもないことを口にしてしまったりする。

たぶんあのときこう言えば良かったんだ、そうしたら違う未来だったかもしれない、ってことは人生で山のようにある。大親友とケンカしたとき、彼氏と別れたとき、他人に酷いことを言われたり言ってしまったりしたとき、好きだった人にキスされたとき。素直に感情表現して、言いたいことをお互いに言ってちゃんとわかりあえてたら揉めずにすんだとか、遠回りしなかったとか、誤解を生まずにすんだとか、悲しい思いをしなかったとか。

世の中の問題のほとんどは、他人にちゃんと考えや気持ちを伝えない・伝えられないことが原因のような気がした。

そうは言ってもわたしは意思表示も感情表現も苦手なので、日頃からちゃんと意識していかなきゃいけない。もう「あのときこう言ってたら」みたいな後悔したくない。

優しさについて

できるだけ誰かに優しくいたいと思うのは、わたしが誰かの優しさを受け取って生きているから。

 

自分が悲しい気持ちになったら、いつも、わたしは誰かに同じような気持ちを味あわせたくないなあってすごく思う。わたしは何気ない一言とか、たぶん悪気のない物言いとか、言い回しとか、そういう些細なことに悲しくなってしまうことがよくあって、だからこそ人一倍気をつけなきゃって思う。

普段話すときは意識しきれてなくて、たぶん誰かを傷つけてることがあると思う。だけど大事な人たちがたくさんいるし、傷つけたくない。

 

他人の気持ちなんてどんなに考えてもわからないから、どんなことに悲しくなるかなんてわからない。だからこそ想像力が大事だと思うし、思いやりって想像力なんだと思う。

 

 

この人を喜ばせたい!っていう気持ちもすごく素敵だし、もしも誰かがそう思ってくれたらたぶんとても嬉しい。だけどこの人を絶対に傷つけたくないっていう気持ちもすごく大事だと思う。

 

「アイデアの接着剤」という本に、転んだ相手のために絆創膏を準備するのは善意だけど、それよりももっと大事なのは相手が転ばないように万全の配慮をすることだっていう話があった。これが自主的な思いやりで、これがないと本当に相手を大事にできない。

誰でも彼でもに深い思いやりを持って接するのはなかなか難しいけど、わたしは相手が転ばないように配慮できる人でありたいなあ。もちろん絆創膏も持っていたい。

 

アイデアの接着剤 (朝日文庫)

アイデアの接着剤 (朝日文庫)

 

 

空が白くて

f:id:chikanism:20181025231207j:plain

昨日はどんよりした曇り空だった。グレーというより白に近い。

バンクーバーの秋冬はそういう日が多かった。霧雨が降る。すっきり晴れる日なんてほとんどなかった。

インターンの面接に行った帰りに見かけたオブジェのようなものを思い出した。あの日も雨と曇りのあいだのような天気で、芝生は濡れていた。学校に戻るとアドバイザーに呼ばれて、面接に落ちたことを知った。

 

一昨日大きなミスをした。学ぶことは多かったけど未然に防ぐ方法に思い至れなかったことが悔しくて、お客さんの信頼を失ってしまうのが情けなかった。それに先輩にがっかりされるのも悲しかった。

今日もまたミスをした。悔しいとか情けないとか悲しいとかそういう気持ちでいっぱいになって、あんまりご飯も食べられる気分じゃなくて、サンドイッチを頬張りながら「みんな最初はこんなミスばっかりしたのかなあ」なんて考えた。

やってしまったことはもうどうしようもないので、二度と同じことをしないようにするしかない。でも、すごそうに見えるあの人も最初はこんな失敗をたくさんしてきたんだろうか。本当に?

 

 

 

留学に行く前、きっと想像もできないほどつらいこととか悔しいことがあるだろうなあと思ってた。うまくいくことばっかりじゃないって、なんとなく想像していた。

仕事を始める前も、同じような気持ちになった。挫折みたいなこととか、どうしようもなく悔しいこととか、泣きたくなることだってたぶんたくさんあるだろう。

 

仕事が一段落して、コーヒーを買いにカフェへ向かいながら、バンクーバーのカフェで泣いていたころを思い出した。肌寒くてどんよりした日で、ホットチョコレートを頼んで、泣くつもりはなかったけど涙が溢れた。

そんな日もあったなといつか思えるのかな。今日のことも。

きっとまだこれから

f:id:chikanism:20181021002249j:plain

Google Mapのタイムラインをたまたま遡っていたら、元恋人の家が記録されていて複雑な気持ちになった。覚えていなくてもいいことなんて山のようにあるはずなのに、色んなことが電子化されて難しくなったもんだなあ、と思う。消したはずの写真なんかも、iCloudに残っていたりして。

 

25年住んだ京都は、当たり前だけど25年分のいろいろが詰まっている。道を歩けば思い出す光景があるし、思い出す人がいる。元恋人の家は近鉄沿線だった。最後に家に行ってから近鉄には乗っていないけれど、中高も近鉄沿線だったので、その道中で中高時代のことを思い出したりした。

出町柳の近くに好きな人が住んでいたことがあって、近くに行くと一緒に歩いたことを思い出す。それと同時に病院で実習していたときも出町柳に原チャを停めていたので、実習時代に就職と留学で悩んでいた日々も懐かしい。

大学の図書館にはタリーズが入っていて、食堂が営業していない日はよくそこで朝ごはんを食べて国家試験の勉強をしていた。わたしがよく食べていたのはアボカドペーストの乗ったホットドッグだ。カフェラテを頼んで、はちみつをたっぷり入れていた。今でもタリーズに行くとあの日々を思い出して少し辛くなる。

同じ街で過ごせば過ごすほどうれしいことも悲しいことも積み重なって、わたしにとって京都は好きでもあり嫌いでもある。

 

 

それに比べて東京は、まだ半年だ。悲しいことや嫌なことがなかったと言えば嘘だけど、それもまだ半年分。思い出すことが少なくて、住みやすい街だ。でももう、帰省してから最寄り駅に戻ってくるとホッとした気持ちになるほど馴染んだ。

新しい土地で仕事を始めて、たくさん初めてがあった。これからだって楽しいことも嬉しいことも、悲しいことも悔しいこともぜったいたくさんある。それもぜんぶひっくるめて、東京という街をもっと好きになりたい。

 

今週のお題「好きな街」

 

産業医ラボ.com

劣等感に埋もれる

f:id:chikanism:20181014182658j:plain

 

自分にたいして価値なんてないって、認めるのは怖かったし、辛かった。でもなんとなくわかってもいた。

まわりのひとはみんなすごくて、わたしは何もできない。劣等感で死にそうになる。ほんとは昔からわかってたけど、気づかないフリをしてた。

友人たちはみんなかわいいけど、わたしはかわいくない。

絵がうまい子、楽器ができる子、スポーツができる子、勉強ができる子。上には上がいて、わたしはいっつも下だった。絵を描くのは好きだったけど友人たちのほうが上手だったし、勉強もある程度できたけど1番にはなれなかった。英語も得意だったけどもっと流暢にしゃべる帰国子女が山ほどいて、大学に入ればGPAは真ん中より下、順位で言えば下から数えたほうが早い。留学したらクラスで何も話せずもちろん一番できないし、就活をすればいつまでも内定がもらえないし面接で「まだ内定がないってことはなにかしら問題があるのでは(直訳)」と言われた。

 

他人と比べて優劣つけるのがすべてじゃないってわかってきた。でもまわりと比べて自分は、と思ってしまう。

うるせ〜〜〜〜他人と比べる必要あるか?!?!とは思ってみるものの、結局自分にしかない価値なんて見つけられないし、仕事する上で他人と比べてしまうのも仕方がない気がする。評価基準は相対評価ではなく自分の立てた目標が達成できたかどうかの絶対評価なのだけど、でもやっぱり同期や先輩とも無意識に比べてしまうし、比べられていると思う。

入社前に役員さんに「同期と比べてるようじゃダメだよ」って言われた。同期と比べてるくらいじゃダメで、もっと上を見ろってことだと思う。上を見たら上には上が永遠にいて、追いつけるレベルでもなくて、劣等感でどうしようもない気持ちになる。

 

自分でやりたいことと目指す先をはっきり認識してからやたらめったら他人と比べることはなくなったような気もするけど、それでもふとした瞬間にあの人達に比べて自分に何ができるんだろうという気持ちになる。他人と比べてないで自分のやるべきことをやらなければならないのに。

 

ただ周りを見て少しでも焦りを抱くことはやる気というかきっかけにもなる気がするから完全には悪くないんだろうけど。

でもこの問題には解決策は出てこなさそうだ。自分のダメなところが見えるからそこをなんとかするために頑張れるようになりたい。というか頑張る。

産業医ラボ.com

ただ時間だけが過ぎてく

数日前に26歳になった。

歳を重ねるたびに思うけど、26歳になる日が来るなんて思ってもなかった。もう丸々25年も生きてきたのかという驚き。

生きてみればあっという間で、気持ちはまだ23歳くらい。あの頃と変わったことなんて、自分を取り巻く環境くらいに思える。具体的には大学を卒業したこととか東京に住んでいることとか。

 

f:id:chikanism:20181014174557j:plain

 

誕生日の前の週末は帰省していて、しかも風邪をひいた。喉が痛いし鼻水がとまらないしで、でも帰ったからには友人に会って、両親や祖父母に会って。東京に戻ってきたら翌日は仕事でアポが3件続いていて、その次の日は全社的な飲み会があって1年目はその幹事もあり、その翌日はキックオフでのプレゼンもあった。

バタバタしてるうちに過ぎ去っていって、別に変わったこともこれと言ってない。25歳はわたしの想像してた25歳ではなかったし、26歳も想像と違う感じになるんだろう。想像通りなのも面白くはないから、それはそれでいいのかもしれない。

 

キックオフで1年後の目標を話す機会があって、前回の記事でも書いたけど将来やりたいことやそれを見据えた目標について考えた。そしたら目の前のことにいっぱいいっぱいで忘れかけてた色んなことを思い出せた。先輩は「たまにこういうことを考えなきゃいけないんだよ、忘れちゃうでしょ。そしたら身につくスキルが結果論になっちゃうから」って言ってた。たまに考えるようにしよう。

26歳もなんとなく過ごしてても過ぎていくけど、そうならないようにやりたいこともやりたくないこともはっきりさせて、ちゃんと努力しようと思う。歳はあんまりとりたくないけど、そのぶん色んな経験もできるはずだし、初心と謙虚さと感謝を忘れずに生きます。

ちなみに25歳のうちに一人でラーメン屋さんに行けるようになることが目標でしたが無理だったので、26歳のうちに行けるようになることを目標にします。

 

産業医ラボ.com