Chikanism

日々感じること考えることを大事にしたい感じ。

働き始めて4ヶ月目

今でも覚えてるのは今の会社のセミナーに参加した日、内定をもらった日。前者が7月4日で後者が8月4日だ。ちょうどほぼ一年前。

あれから一年経って、わたしは無事そこで働いていて、予想していなかったけど営業部に配属された。営業部は1から3課まであって、わたしは3課だけど、部全体で面倒を見てもらっている。

毎日営業に同行させてもらって、内容をまとめて(いずれ引き継ぐことになるかもしれないので)、先輩がどんなふうに仕事してるかを学ぶ。空いた時間に過去の案件を見たり、雑務を頼まれたり。

運用は運用で学ぶことも多かったけど、営業のほうが今のところ楽しくて、いろいろ教えて面倒を見てくれる先輩たちがいてくれるのがとてもありがたい。移動中の電車で案件のことから仕事のことからプライベートなことまで話せて、ほぼ全員に「営業にきたくて来たの?」と聞かれる。

昨日聞いた話では、運用のときの上司はわたしを営業に渡したくないと言ってくれていたらしい。彼は個別ミーティングでもよく「ちかさんは社会人としてのスキルが(同期のなかでは)一番だし、心配してないよ。みんなにもちかさんは大丈夫って言ってあるから」と言ってくれていて、そのときはみんなに同じようなこと言ってプレッシャーかけてるのかなあと思っていた。でももしかしたら本当にわたしのことを評価してくれていたのかもしれない。

本配属後のフィードバックで「MTG中にウトウトしてるのだけは気をつけてね」と言われたけど、それを防ぐ方法が今だに見つからずにいる。営業同行のときはちゃんと議事録もとっているのだけど、それでも眠いものは眠い。そういえば薬局実習のときは立ったままふらつくほどの睡魔に襲われていたし、病院実習のときも講義では一番に眠りこけて他のメンバーに「ちかちゃんがスヤスヤ寝てたからわたしも安心してウトウトできたよ」などと言われたほどだ。

 

営業にはわたしを含めて2人配属されていて、わたしは大きいクライアント担当の課で、もうひとりは新規を開拓していくような課だ。わたしは何も言われてないけど同期はテレアポもするらしい。だから結構やる内容も異なるし、タスクなども微妙に違ってくる。昨日別の課の課長が「あいつ(同期)と比べなくていいからね。2人にそれぞれ求めてることは違うし、あいつには大きいクライアント任せようとは思ってないし、ちかさんにテレアポしろって言わないし。他の人と比べて焦ってもロクなことがないから、自分のやるべきことをやればいいから」って言われた。ちゃんと色々考えて配属されているんだなぁと思って、ありがたかった。

うちの会社は中途の方が多くて教育体制が全然整ってなくて、でも部で面倒を見てくれてて。いつまでいるかわからないけど、吸収できるものは全部吸収して強くなってやろうって思いながら京都に帰る新幹線に乗ってます。

3連休は京都に帰る!すでに東京ホームシック。東京だいすき。

スイカバーはいちご味

イカバーはいちご味だ、とわたしは言った。

電話越しに、「そんなわけないじゃん」と彼が言う。「いやいやいや、ちゃんと食べたことないんじゃない?いちごだよ」とわたしは再び主張し、彼は呆れたように「じゃあ今度試そう」と呟いた。

 

 

 

京都の遊ぶ場所と言えば四条通りだ。そこくらいしかない。買い物をするのも、ご飯を食べるのも、お酒を飲むのもたいてい四条で済む。

予定がなくなったという彼と、わたしはご飯を食べるために例によって四条に来た。串かつのお店で、なぜかタコを焼いた。炭の匂いがつくなあ、と思いながら、クラゲの話をした。

 

京都で誰もが一度は経験するのは、鴨川沿いに座ることだ。もしくは、酔いつぶれて倒れること。

タコを焼き終えたわたしたちは、例によって鴨川へ向かった。途中でマクドナルドによって、カルピス味のシェイクを買う。そしてまた歩きながら、電話越しのスイカバーの話を思い出して「スイカバー買おう」と彼が言い、わたしは「絶対にいちご味だよ」と強く言って、少し遠回りしてコンビニに寄ってスイカバーを買った。こっそりトイレにも行って、歩いて痛くなったかかとに絆創膏を貼った。

コンビニを出ると湿った空気がまとわりついてきて、コンビニで冷えた肌がまた汗ばむ。買ったばかりのスイカバーを食べて彼は「いちご味ではない」と笑った。わたしもひとくち食べて、「どう考えてもいちごだ!」と主張したけれども、これは押し問答に終わり、わたしたちは「いちごじゃないけど、スイカでもないね」という結論に達することになった。

鴨川沿いの椅子に座って、しゃべることがなくなって、黙って川を見ていた。周りにはたくさん人がいて、やっぱりみんな少し酔った様子だ。帰るには少し早いけれど、京都は店が閉まるのも早いし終電も早い。時間を潰す場所がないのだ。

 

わたしは別に、スイカバーがいちご味であろうがスイカ味であろうがどっちでも良かった。ただ、「スイカバーがいちご味だ」と言ってふたりで食べたかっただけ。夏だからな、と夏のせいにして、「そろそろ帰ろっか」と蒸し暑くて居心地の悪い鴨川を後にした。

 

 

っていう夏が過ごしたかったという話です。実際いちご味だと思います。

7月のどうでもいい話①

もう2018年半分過ぎちゃったとか早いね。なんか前半は国試の勉強で病んでたのでほぼ記憶がないです。たまに写真とか見返すとどんよりする。それに比べたら東京での生活は最高です。

なんかね浴衣着て花火大会に行くのがずーっと夢で、今年こそと思って引っ越しのときに浴衣も荷造りしたはずなのに、荷解きしたらどこにもないんですよ。どこいったんだろ。実家にあるのかなあ。

 

7月から本配属の部署が決まって、営業職になりました。広告運用の部署がいいって思って(というか面接で紹介されて)入社したんだけど、わたしの周りのすごい人って営業を経験してる人が多くて、会社の尊敬してる人にも営業は経験したほうがいいって言われて、入社してからは営業がやりたいと思い始めたんですよ。

なので研修中も上司に希望聞かれて「営業やりたいです」って言って、「(予想外だったから)驚きすぎて言葉が出ない」と言われながらも、営業に配属してもらいました。友達とか、先輩とか、その上司も、わたしのことを営業っぽいとか営業向きだとか言ってくれていて、ありがたいです。

わたし自身は自分のことはまったく営業に向いているとは思わないんだけど、でもそう言ってもらえて、期待して配属してもらえたのは本当にうれしい。チューターさんはデキる感じのイケメンで、歳も5つくらいしか変わらないので、チューターさんを追い越すくらいの気持ちでがんばる。

 

配属先の課長とこないだ面談して、長所と短所聞かれて、なんか就活みたいだなって思いながら考えた。

わたしはいつも長所を行動力があるところって言ってて、短所を計画性がないってことにしてるんだけど、その計画性のなさをね、考えてみたら行き着くところは軽率・迂闊なのかなって気づいた。

過去のやらかしたな〜って失敗を振り返ると詰めが甘いことが多くて。学園祭で財務やってたときは他のひとから提出された精算表をちゃんと確認せず会議に出してミスがあって問題になり、NPOインターンしてたときはwordpressわかんないから崩すの怖くて見にくいってわかってたけどそのままにしたらユーザーがイベント会場を間違えてオフィスに来ちゃって問題になり、就活で面接行ったら「面接の練習したことないでしょ」と詰められて。

いつも「なんとかなるか〜」みたいな気持ちでいて、迂闊っていうか軽率っていうか。詰めが甘いってのをグーグルで検索したら、「詰めが甘いひとはプラス思考すぎる、計画性がない、楽観的」って出てきたのでそのとおりすぎて笑った。

でもそういうとこがあるから軽率に行動できるのであって、長所と短所は紙一重っていうのも一理あるな、と思ったのでした。

とはいえ大きなミスはできないのでそういうとこ直せるようにがんばるぞ。でもね社長が「みなさんのミスで会社が傾くようなことはないので、気にせずチャレンジしてください」って言ってくれたので、いい会社だな〜と思って、さらにがんばろうと思いました。

 

7月の目標は①2キロ痩せる(今さっきアイスを食べたけど)、②本を5冊読む、③ゆっくりしゃべる です!よろしくお願いします!

 

/*

はてなhttps化したんだけど、たぶんできてないページとかリンクがあって完璧にはできてない。でもエラー見たらたくさんありすぎて気が遠くなったので諦めました。てか何を直せばいいのかわかってない。

でもトップを見たときにアドレスバーのとこに注意書きみたいなの表示されるからダメなんだろうなあ…

*/

6月のどうでもいい話②

好きな言葉があって、

Give, give, give, and be given.

って、「それでもあきらめない」って本で紹介されてたんだけど。 

それでもあきらめない ハーバードが私に教えてくれたこと

それでもあきらめない ハーバードが私に教えてくれたこと

 

 

ギブアンドテイクとよく言うけど、やっぱ見返りを求めると苦しくなるから、与えて与えて与えて、気がついたら何か嬉しいことがいつの間にか起こっているという話。

そもそも誰かのために何かをするのって、見返りのためなんだっけ?なんのためだっけ?みたいなことを考える。

 

わたしは常にいろんなひとからいろんなものを頂いていて、それだけでとてもありがたいので、少しでもなにかお返しできたらなあっていつも思う。

わたしのできることなら手伝いたいし、力を貸したいし、それが直接自分に返ってこなくても連鎖して他の誰かにつながればいい。

 

まわりのひとたちはみんな優しいから、そういう優しさや何気ない気遣いとかをいっぱい受け取って、わたしは楽しく過ごせてて。だからわたしも少しでも誰かが過ごしやすくなるようになにか与えられたらいいな〜と思って日々を過ごしてます。

綺麗事じゃなくてほんとにそう思う。

 

さいきん仲良くなったひとに褒めてもらえることが多くて、会社でも上司に期待してもらえてて、こんなに幸せなことはないので、それ以上に返せるようにがんばりたい。

まわりの頑張ってる人のことはみんな応援したいし、みんな成功してほしいって思う。

 

だからなんか、わたしでできることならなんでも頼って欲しいな〜って感じで日々を過ごしてます。

 

余談だけどこの本はわたしが留学するか悩んでたときに読んだ本で、いろんなこと諦めたくないなあと強く感じた本。

他にふたつくらい好きな言葉があって、1つめは「Everything has a reason.」
正直今までの人生で選び間違えたかなとか全部失敗だったかも、と思ったときもあったけど、全部無駄だったなんて思いたくないし結局ここにたどり着けたしよかった、なんにでも意味がある。

2つめは著者の林英恵さんが好きな言葉として挙げられている「Life is full with unexpected joys.」、人生は予期せぬ喜びに溢れているってやつ。

現状に慣れてしまわないで、本当はまわりに素敵なこといっぱいあるはず、たまに思い返すの大事。

 

 

さいきんは周りにギブできるように意識して過ごしてるよ〜ってことを書きたかったんだけどよくわかんなくなっちゃった。自分がしっかりしないとまわりに何も与えられないもんな!がんばろ!

 

またね、の再現性

「またね」と言って別れたはずなのに、もう二度と会わないであろう人、会えないかもしれない人のことを考える。

小さい頃に仲良しだった友達とか、大好きだった塾の先生とか、かわいがっていた教え子たち、元恋人、留学先の友達、ルームメイト、趣味の友達。

 

塾の先生がいなかったら、薬学部にはいけなかった。教え子たちが先生って呼んでくれなかったら、わたしは「塾の先生」にはなれなかった。留学先で英語が話せないわたしに(本当は呆れていたかもしれないけれど)根気強く付き合ってくれた友人がいなかったら、カレッジは卒業できなかった。たまにゴハンに付き合って、どうでもいいことで笑いあってくれる友達がいなかったら、人生のいろんな場面を乗り越えてこれなかった。

でも、もう二度と会わないかもしれない。

 

「またね、日本で会おうね」と言って、バンクーバーで元ルームメイトと別れた。わたしは先に帰国し、彼女はまだ残りのワーホリ期間を満喫していた。彼女は大阪の出身で、本当なら帰国後に会えると思っていたけれど、彼女の帰国は思ったより遅かったし、わたしは東京に引っ越す。

 

小学校からの幼馴染3人で、毎年コナンの映画を見に行っていた。わたしたちはそれぞれ違う中学・高校・大学に進学したけれど、小学校卒業後も年に1度、5月頃に連絡を取り合って映画を観に行っていた。もう15年以上も。

長い時間が経った。こまめに近況報告をするわけでもないし、SNSでやりとりしているわけでもない。なのに、年に1度は会っていた。いつの間にかお酒が飲める歳になっていた。2人は京都に残っていて、わたしは京都を出る。

 

 

変わらずにはいられないんだなあと、友人たちが大学を卒業して、働きはじめて、予定を合わせるのがグッと難しくなって、そう思った。時間は流れるし、わたしたちは歳をとる。

いつまでも変わらないものなんてないって頭の中ではわかってるのに、なぜか変わらないままでいてくれるとどこかで信じている自分がいる。そうやって過ごしているうちに、もう手の届かないところにいってしまったりするのに。

6月のどうでもいい話①

同じようなことを何度も書いてる気もしますが、基本的にどうでもいいことしか書かないと決めてるので、また同じようなことを書きます。

 

「なんで薬剤師の免許とったのに薬剤師にならないの?」って、もう聞き飽きるほど言われてきた。でも中学生のわたしの世界を大きく変えたインターネット以外のことを仕事として選ぶことは、わたしの選択肢から外れてしまった。

違う学部にいけばよかったとか、途中で転籍すればよかったとか、そういうことも何度も考えたけど、結局卒業したし、免許もとった。

免許のための勉強は25年の人生でいちばん頑張ったことなので一応いつも薬剤師の免許をもってる、というような話をしたりするのだけれど、最近はそれをおもしろがってくれるひとが増えて、辛かった就活の時期が嘘みたいだ。

 

このあいだ縁があってお話した薬剤師の起業家の方が、「就活ってどんな感じでしてました?新卒採用考えてるんだけどどうやったら薬学部出てアドテク系にすすんじゃうような学生に会えるんですか!」と言ってくれた。薬学部生のフォロワーさんに、「IT系の進路を考えてる」って相談された。元恋人は、「薬学部にいったから今やりたいと思ってることを見つけられたんでしょ」と言ってくれた。他にも「なんで薬剤師にならないのってめっちゃ言われるんだよねえ」と愚痴ったら「自分もその立場だったら(わたしみたいな)選択すると思うよ」とか「大正解だよ」と言ってくれる人もいる。

今までの人生を全肯定してもらえたような気がして、わたしはわたしなりの正解に近づけているのかもなあ、と思ったりした。

 

今の仕事はファーストキャリアとしてはすごく良いと思ったし、会社はわたしのことも認めてくれて面白がってくれて、雰囲気が好きなので選んだけけれど、長くて2年くらいで転職だなあと思っている。

具体的ではないけど早くスキルをつけたいとかもっと働きたいという焦りが強くて、でも何をしたらいいかわからなくて、今はなにか色々できないかと試行錯誤中。なにを極めるべきかなにを勉強するべきかわからなくて、「自分で選んだのにぜんぶ間違いだったんじゃないかな」と思うことも多い。

でもまだ働きはじめて2ヶ月だし、業界のことや実務のことも含め学べたことは多いし学ぶことはまだまだあるし、できること全部やりたい。違う業種のひとと話してるとおもしろし周りがいろいろ教えてくれるので今の環境に感謝しつつ、わたしもなにか返していけるように、手探りで進んでいきたいな、と思ってる。

まだ言えることはないですが、水面下でいろいろチャレンジしようと考え中。うまくいくといいなー。と久々にどうでもいいことを書いてみました。

薬と副作用と構造式の話

モーラステープの副作用の光線過敏症のことが話題になってましたね。

ameblo.jp

 

薬って病気を治すためのものだから、副作用のことって忘れられがちというか。特に市販薬だったり、目薬や皮膚の薬はそういう傾向が多い気がします。

でも全部薬です。そもそも身体に何かしらの影響を与えることを目的につくられたものだから、副作用が出てしまうことも当たり前。もちろん薬を作っているひとたちもそれを最小限にしたいと思っているし、処方する医師も、手渡す薬剤師も、副作用が出るのは仕方ないとは思ってません。

だからちゃんと伝えるし、体調や副作用歴や他に飲んでる薬を確認する。

 

103回の薬剤師国家試験では話題のモーラステープの主成分、ケトプロフェンの構造式が問題に出ていました。

f:id:chikanism:20180504000113p:plain

全問題はこちら→

第103回薬剤師国家試験問題及び解答(平成30年2月24日、2月25日実施) |厚生労働省

 

答えは5のフェノフィブラート(高脂血症の薬)で、構造式が似てるからということだと思います。ちなみに2のジクロフェナク(痛み止め)も光線過敏症の副作用が報告されているので2も5も両方正解になっています。わたしはめっちゃ悩んで2にしましたが正解になってよかった。笑

 

そういえば構造式の問題で、というか103回で結構印象に残ったのがこれ。

f:id:chikanism:20180504001331p:plain

f:id:chikanism:20180504001344p:plain

 

ビタミンは尿が黄色くなることが多いんですが、その話ですね。リボフラビンビタミンB2)とか。207の5がリボフラビン。他は調べてないしもう覚えてないのでわかんないけど、4がビタミンCなことはわかる。

207の設問で長い共役系があれば…と書いてるのでリボフラビンがわからなくても5を選べます。

水溶性のビタミンは多量に摂取してもすべて尿で排泄されるので、基本的に摂りすぎは問題になりません。ビタミン剤とか栄養ドリンクとか飲んだあとに尿がいつもより黄色くなった経験がある方は多いハズ。

ちなみに解答は206が3と4で、207が5です。

尿が着色すると恥ずかしいので…って。誰に見られるわけでもないのにな〜とも思ってしまいますが、そういう配慮も必要なんだなとか思いました。

 

話は逸れたけども、薬って万能じゃない。薬がダメとかじゃなくて、メリットもデメリットもあることを理解して、良い付き合い方をしていけるのが理想だな〜と思います。

頭が痛いときは痛み止めを飲むし、眠れなかったら睡眠薬を飲むこともある。わたし(というか薬に関わるひとたち)の役目は闇雲に不安を煽ることじゃなくて、やっぱり適切な付き合い方を提案していくことなのかなと思いました。わたしは実務経験がないし、これからも薬剤師免許を使った仕事をする日が来るかどうかわかんないけど、でも薬そのもののこととも、病気や身体のことも、他の人よりは勉強したしリテラシーもあるから、そういう部分を周りの人に還元していけたらなあと考えています。

おわり。