Chikanism

女子大生の脳内お花畑系なブログ。日々感じること考えることを大事にしたい感じ。

どうでもいい話(2018年2月①)

何年か前に見た映画に「新しい靴を買わなくちゃ」というのがあって、簡単に言えば向井理がパリで偶然出会ったアラフォー女性とワンナイトみたいな話だったんだけど、わたしはそれよりも向井理の妹役の桐谷美玲のエピソードが好き。

そもそも向井理は、妹の「昔からピンチのときにはお兄ちゃんがその場にいてくれて、そのたびに乗り越えてこれた」というゲン担ぎエピソードから、桐谷美玲の逆プロポーズのためのパリ行きへ付き合わされるわけ。

で、そのプロポーズ相手が綾野剛が演じる画家なんですけど、これがもうなんていうかダメ男っぽい。わたし綾野剛大好きですが、なんか彼ってとてもヒモっぽくないですか。そういうところも好きですけど。でも新宿スワンのタツヒコ役とかコウノドリとかの役も似合ってるしそこまでヒモっぽくない気もする(コウノドリ見たことないけど)。

桐谷美玲は、パリで画家をやっている彼氏(綾野剛)と遠距離だから、もう結婚しようと迫るわけですが、その一世一代のプロポーズのためにゲン担ぎとして兄を連れてって、その兄は現地で年上女性と親しくなってるという。

まず桐谷美玲がかわいいし、プロポーズしちゃおうという気概も、ゲン担ぎってお兄ちゃんに頼るエピソードも、好きなんですよね。

 

という話を、ゲン担ぎというお題を見て思い出した。

わたしはこういう特にハラハラもドキドキもしなくて、ストーリーもおもしろいかどうかもよくわからなくて、別に感動するわけでもないという映画が結構好きです。自分で言ってて意味わからない。

話題のやつとかまわりが絶賛するやつを見ると、「めっちゃ良かったね!」と言われたときにうまく反応できなくて困るので、もう他人とはコナンしか見れない。

 

小説でも同じで、ハラハラドキドキするような話や現実離れした話は疲れちゃうので、なんかどうでもいい日常を書いた話とかが好きです。共感されたこと一度もない。

ふわふわした日常を書いてて好きなのは野中柊さんとかです。これ↓ 

あなたのそばで (文春文庫)

あなたのそばで (文春文庫)

 

 

 

 

今週のお題「ゲン担ぎ」

むかしばなし

おとといくらいまで今週のお題が受験のことだったから、中学受験のこと書こうと思ってたら、もう終わってた。

 

 

わたしは中学受験をしたんですけど、簡単に言うと失敗した。滑り止めの学校に入ったけど、おかげで中高は成績が上位だった。

中学受験のときは、全然勉強なんて好きじゃなくて、「親のために勉強してあげてる」くらいの気持ちだった。そんなんだから受からない。

小学校も私立だったので周りに受験する子が多かったことは救いだったと思ってます。それなりに辛かった。

全然成績も伸びないし、親に「誰のために勉強してると思ってるの?」と正座させられて怒られて、「お母さんのためやん」と思っていた。言わなかったけど。

塾も嫌いだったから、どうやって休むかを考えていた。二階の自室で、ここから飛び降りても死なないしなーとか、ぼんやりと考えていたこともある。

 

高校生のときに、大学に行きたくなくて(専門学校に行きたかった)、また親と喧嘩した。父が、「どうしても大学は出て欲しい。専門学校は、大学を卒業してから行けばいい」とまで言った。母に「薬学部なら化粧品関係の会社に就職できるかもよ」と言われて薬学部を選んだ。

 

入ってみたら薬学部は薬剤師の免許をとることをゴールにした学部で、最初から最後までいづらかったし、授業は山のようにあるし、勉強は難しいし、研究室もブラックで、とにかくしんどかった。もうたくさんだ。

 

 

思い返せば自分のやりたいことなんてひとつも選んでこなかった。間違えてばかり。

物心つく前の小学校選びや中学校選びはともかく、学部は少なからず自分の意志もあって選んだけど、失敗したと思った。

 

だけど去年の留学は自分の意志で選んだことだった。帰ってきたら就活と国試の勉強で地獄みたいな日々だったけど。今はさすがに飛び降りたいとかは思わない。(だいぶヤバかったのかもしれない)

 

でも、就職先はずっとやりたいと思っていた分野だ。生活する場所も、中学生のころから夢見てきた東京。ようやく、自分でやりたいことをやれるんだ。

やってみないとわからないけど、もう転職だって自分でできる。誰にも強要されないし、わたしは自分の意志で選ぶ。

そう思ったら、4月からって、すごいじゃん。解放だし、夢だし、幸せだ。

 

そんなことをふと考えた、国試まで1ヶ月を切った夜。

ちょっと前にアイコンを描いてもらいました

 そういえば最近、アイコンを描いてもらいました。↓

f:id:chikanism:20180124215751j:plain

 

例に漏れずココナラでお願いしたんですけど、一応自分の写真送って、「こんな感じで!」みたいなイメージを伝えて描いてもらいました。

あんまりかわいいアニメイラスト系にするとハードル上がるかなと思ってちょっと違うニュアンスのイラストの方にお願いしたんですけど、どっちにしろハードル上がってる感しかない。もっとあざとい感じでお願いしたら良かったな〜と今は思います。

夏くらいにまた変えようかな。

どう見ても下ネタ言わなさそうなアイコンになってしまったので、ちょっと困ってます(嘘です)。でも雰囲気詐欺感がすごくて気に入ってます!わーい!

 

それだけでした!

 

 

/*

さいきん、というかここ3日ほどメンタルにきてて、どうやって立て直せばいいのかな〜〜とか、考えてます。終わってみたらあっという間なんだろうけど、周りが遊んでる間も勉強するってしんどいですね。とくに友人たちがみんな先に卒業してて一人だからかもしれない…。

あと内定先に「研修に参加できません」という旨のメールをして1週間返事がなかったのも悩みのタネだったのですが、それは今日返事がきたのでホッとしました。

*/

裏切らないでね

一年前くらいに書いたやつ。↓

noteに書いてたけど、見返したらなんか懐かしくなったので。

******

 

今年は、努力は裏切らない、を体現したいと思っていた。毎日の積み重ねが絶対かたちになるって示したいと。

たとえば毎日ちょっとずつ筋トレとストレッチをしていたら少しずつでも体型は変わっていくとか、毎日コツコツと勉強したらちゃんと資格試験に通るとか。

でも色々考えてした準備が無駄になってしまうこともある。面接のために情報を集めて業界の勉強をしてたって受からないことのほうが多いだろうし、きっと無駄な努力がたくさんあるはずだ。わたしの努力はよくそうやってわたしを裏切ってきた。

だけど、それでも努力は裏切らないと、わたしは信じて続けたいのだ。

昨日、2週間ぶりにカレッジに行った(サボっていたわけではなく、インターンが始まったので学校へ行くのは2週間に1回でいい)。ちなみに次の投稿日は卒業の日だ。授業で、最初にこの学校へ来たときの自分と、今の自分について話すアクティビティがあった。ほとんどの人はだいたい同じで、最初はみんなシャイでナーバスになっていて自信がなかったけれど、たくさんの授業とインターンを経て「自分はより良くなったし、自信もついたし、快適だ」と言った。わたしも例に漏れずそうだった。

今でも全然だめだ、と思うことはあるけれど、それでも最初より断然よくなった。と思う。ベターだ。

そして、同じことを他人に向けて言うことになった。クラスの誰かひとりを選んで、「最初このひとはこうだと思ったけど、本当はこうだということがわかった」と述べる。

そうしたら10人くらいのクラスのうちの3人が、わたしについて言及してくれたのだ。

「最初は彼女はすごくシャイだったけれど、今はオープンマインドだ」とか、「プロアクティブだ」とか、「プロフェッショナルに見える」とか。

わたしは少しでも変われたのだと、よくなったのだと、自己満足じゃなく、まわりもそう思ってくれている。それが嬉しかった。そして、そうやって認めてくれて、わたしの変化や成長を一緒に喜んでくれる仲間がいる、お互いに高め合える仲間がいる、それがどれだけ幸せなことか身に沁みて感じた。

英語が全然わからなくて、話せなくて、課題が多くて、ストレスばっかりだったあの頃。意見を求められては何も言えずに、泣きたいような気持ちになってばかりだったあの頃。それはたった6ヶ月前で、全然昔のことじゃない。

わからないまま、悩んで、それでも少しずつ前進してこれた。だから、小さな努力もいつか実になると、わたしは信じて努力を続けたい。報われないと思う日も乗り越えて、がんばってよかったと思える日を、一緒に喜んでくれる仲間と迎えたい。な。

 

 

******

まぁそんな留学生活もとっくに終えて、日本にいるわけだけど。

努力なんて他人に認めてもらうものでもないし、自分がわかってたらいい。評価されるのは結果だ。良くも悪くも。

だからこそちゃんとやらなきゃいけない、と気を引き締めて。辛かったしんどかったときの記憶って、基本的にほとんど忘れちゃうよね。

卒業試験うかった〜

きいて!卒業試験うかってた!!

 

まとめるとそれだけなんですけど。

私立の薬学部なので、合格率をあげるために卒業試験があります。卒業試験に落ちるということはつまり受かる見込みないから国家試験受けるな、卒業留年ってこと。もちろん大学側は授業もいっぱいしてくれるし、国試予備校の講師も呼んで定期的に補講もしてくれる。

うちの学年はぜんぶで100人弱なんですけど、今回の試験は数えてみたら不合格者30人くらいでした。でも授業の2/3に出席してたら再試験が受けられて、それに受かれば卒業できます。

(正確には、卒業できないというか卒業に必要な必修科目の単位が認定されない)

 

で、受かってたので卒業できます。やったね。

 

10月の頭に1回目の国家試験の模試を受けたとき、わたし学年で後ろから5番目くらいだったんですよ。で、12月の頭に受けた模試では後ろから30番くらい。当然みんなも勉強してるはずなので、この2ヶ月でこんだけ伸びたんだ〜と思うと、嬉しかった。

卒試も1回で受かったし。

なんかやっぱり薬学部だと、薬剤師として病院や薬局で働く子が多いし、病院薬局側も国試受かりそうにない子はとりたくないので、採用試験があるんですよね。だから就活の時点で勉強を始めてる子が多い。

わたしは病院にも薬局にも行かないし、留学とかで1年ブランクあって、それまで勉強もしてなくて、たいして興味もなくて、追いつくの大変だな〜〜って、めっちゃ思った。

 

内定先で、関東の子とかはもうインターンしてて、それがすごく羨ましくて。遅れをとるようで、悔しいばっかりで。わたしはそもそも関西に住んでるし、授業も山のようにあるし国家試験もあるしで、インターンとかはできないんですよね。他の勉強に充てる時間もない。

でも、まぁ薬学部をちゃんと卒業しないと就職できないし、卒業するってのも自分で決めたことだし、学問を修めて無駄になることはないと思うし。薬剤師の国家試験はまだだけど、ちゃんと勉強して資格とって、副業とかで活かせないかな。

うちの大学の去年の国試合格率は、新卒だと95%くらいなので、残りちゃんと勉強すれば受かると信じて頑張ります。

(ちなみに去年の全体の合格率は77%くらいで、新卒だけで86%、既卒で67%。既卒というと現役で受からなくて、資格いらない職につきながら勉強して受けてるか、就職浪人で予備校に通って受けてるひとかな。既卒だとやっぱすごい合格率が下がるらしい)

 

残り45日らしい、がんばる。

ちょっと落ち着きました

今週のお題「2018年の抱負」

 

あけましておめでとうございます。

今日卒業試験が終わって、自己採点したらたぶん受かってたので、ちょっと気持ちが落ち着きました。万が一のときは慰めて。

後期で90コマくらい授業受けて、授業含めても月150時間以上勉強に費やして、卒業試験に合格して、やっっっっと卒業できる!きびしい!!

 

数日前に初詣に行ってきました。京都に住んでるので、学問の神様で有名な北野天満宮へ。書き初めもしてきた。留学前に書道教室やめてから1年半ぶりくらいに筆持った。

f:id:chikanism:20180106233327j:plain

 

今年の目標とかを書いちゃうと、なんか引けなくなるので…あんまり大げさなことは言えないんですけど

国家試験受かって、薬剤師としては働かないんけど、「お薬とか健康のことで困ったらなんでも相談してね〜」と言えるようになりたい。

あとは仕事はじまるのが楽しみです。

東京に住むのもたのしみ。

 

うちはザ・過保護なので、国試の勉強でおうちを見に行けないわたしの代わりに両親が家を探してきてくれたんですけど

徒歩で会社に通えて、めっちゃいいところなんですよ。

そもそも一人暮らしがめっちゃ楽しみです。過保護すぎるから実家って大変じゃん〜〜〜

 

いまはヤバすぎる食生活をしているのでたぶん太ったんだけど

↓ヤバイ食生活の模範みたいなカード使用履歴

f:id:chikanism:20180106233439j:plain f:id:chikanism:20180106233501j:plain

 

落ち着いたら整えたいです。

年末年始は大学の図書館が閉まってて、カフェで長くいられるところとか、マクドとかで勉強してたので、そういうところでごはん済ませちゃうんですよね。

 

自炊ってコスパ悪い気がして最近はしてないんですが(単に忙しいのもある)留学してたときもちゃんとしてたし、ラボ生活でも毎日お弁当作ってた。 

www.chikanism.com

 

からちゃんとがんばります。家の向かいにジムあるらしい。会社の近くにもあるけど!

 

 

まあそんな感じで!とにかく無事卒業できそうなので、国試まであと7週間くらいがんばります!!関西離れるのに関西を惜しむ暇がないっ!!

毎年目標に彼氏をつくるを入れてたんですが、別れたときに切ないことに気づいたので今年はやめときますね。

2017年ふりかえり

こんにちは。ちかです。

 

年末ですね。受験生なので平常運転です。年明けに卒業試験があって受からないと卒業できないので、追い込みパート1です。国試前にパート2がきます。

 

あんまりにも首と肩がしんどかったので昨日30分くらいマッサージに行ったら「なにしたらこんなに凝るんですか?」って言われたけどたぶん荷物が重いからですね。めちゃめちゃ心配されたけどずいぶんラクになりました。

 

今年は留学で増やした体重をほぼ元通りにすることが出来ました。行く前にみんなに「絶対太るよ」と言われててほんとに6キロくらい太った。帰ってきたときはみんなが「太ったって言われてもそんなにわからない」と言ってくれてたけど、当時の写真見たらほんとに顔がパンパンなので戻せて良かったです。

今は食生活乱れまくりなので、国試が終わったら気をつけたい。

 

あとちゃんと内定ももらえてよかった。結構悩んだししんどかったような気もする。話すのが下手と言われすぎた。一時期は本当に決まらないんじゃないかと思いました。いいところに決まって良かった〜。4月から住むマンションもいいところ見つけたし。

 

今年をまとめたら半分は国試の勉強だったけど、

・留学おわった!(インターンTOEICの点数含め)

・就活おわった!

・勉強した(まだ頑張るけど、9月に比べたら点数はめっちゃ伸びた、、泣)

かな。あと体重もどった。

 

せっかく出来た恋人とは2ヶ月くらいで別れてしまったのが反省点ですが(その際優しくしてくれた方はありがとうございましたとこの場で言っておきます)、それは来年がんばることにします。(これは笑える話ですが、ブロガーさんと1回オフでお会いしたらわたしが落ち込みすぎて死ぬんじゃないかと思ったと言われました)(まだしなない)

 

ではみなさま2017年おつかれさまでした!

今年は今日含めてまだ3日ある!!のでちかは頑張ります。