Chikanism

日々感じること考えることを大事にしたい感じ。

またね、の再現性

「またね」と言って別れたはずなのに、もう二度と会わないであろう人、会えないかもしれない人のことを考える。

小さい頃に仲良しだった友達とか、大好きだった塾の先生とか、かわいがっていた教え子たち、元恋人、留学先の友達、ルームメイト、趣味の友達。

 

塾の先生がいなかったら、薬学部にはいけなかった。教え子たちが先生って呼んでくれなかったら、わたしは「塾の先生」にはなれなかった。留学先で英語が話せないわたしに(本当は呆れていたかもしれないけれど)根気強く付き合ってくれた友人がいなかったら、カレッジは卒業できなかった。たまにゴハンに付き合って、どうでもいいことで笑いあってくれる友達がいなかったら、人生のいろんな場面を乗り越えてこれなかった。

でも、もう二度と会わないかもしれない。

 

「またね、日本で会おうね」と言って、バンクーバーで元ルームメイトと別れた。わたしは先に帰国し、彼女はまだ残りのワーホリ期間を満喫していた。彼女は大阪の出身で、本当なら帰国後に会えると思っていたけれど、彼女の帰国は思ったより遅かったし、わたしは東京に引っ越す。

 

小学校からの幼馴染3人で、毎年コナンの映画を見に行っていた。わたしたちはそれぞれ違う中学・高校・大学に進学したけれど、小学校卒業後も年に1度、5月頃に連絡を取り合って映画を観に行っていた。もう15年以上も。

長い時間が経った。こまめに近況報告をするわけでもないし、SNSでやりとりしているわけでもない。なのに、年に1度は会っていた。いつの間にかお酒が飲める歳になっていた。2人は京都に残っていて、わたしは京都を出る。

 

 

変わらずにはいられないんだなあと、友人たちが大学を卒業して、働きはじめて、予定を合わせるのがグッと難しくなって、そう思った。時間は流れるし、わたしたちは歳をとる。

いつまでも変わらないものなんてないって頭の中ではわかってるのに、なぜか変わらないままでいてくれるとどこかで信じている自分がいる。そうやって過ごしているうちに、もう手の届かないところにいってしまったりするのに。

6月のどうでもいい話①

同じようなことを何度も書いてる気もしますが、基本的にどうでもいいことしか書かないと決めてるので、また同じようなことを書きます。

 

「なんで薬剤師の免許とったのに薬剤師にならないの?」って、もう聞き飽きるほど言われてきた。でも中学生のわたしの世界を大きく変えたインターネット以外のことを仕事として選ぶことは、わたしの選択肢から外れてしまった。

違う学部にいけばよかったとか、途中で転籍すればよかったとか、そういうことも何度も考えたけど、結局卒業したし、免許もとった。

免許のための勉強は25年の人生でいちばん頑張ったことなので一応いつも薬剤師の免許をもってる、というような話をしたりするのだけれど、最近はそれをおもしろがってくれるひとが増えて、辛かった就活の時期が嘘みたいだ。

 

このあいだ縁があってお話した薬剤師の起業家の方が、「就活ってどんな感じでしてました?新卒採用考えてるんだけどどうやったら薬学部出てアドテク系にすすんじゃうような学生に会えるんですか!」と言ってくれた。薬学部生のフォロワーさんに、「IT系の進路を考えてる」って相談された。元恋人は、「薬学部にいったから今やりたいと思ってることを見つけられたんでしょ」と言ってくれた。他にも「なんで薬剤師にならないのってめっちゃ言われるんだよねえ」と愚痴ったら「自分もその立場だったら(わたしみたいな)選択すると思うよ」とか「大正解だよ」と言ってくれる人もいる。

今までの人生を全肯定してもらえたような気がして、わたしはわたしなりの正解に近づけているのかもなあ、と思ったりした。

 

今の仕事はファーストキャリアとしてはすごく良いと思ったし、会社はわたしのことも認めてくれて面白がってくれて、雰囲気が好きなので選んだけけれど、長くて2年くらいで転職だなあと思っている。

具体的ではないけど早くスキルをつけたいとかもっと働きたいという焦りが強くて、でも何をしたらいいかわからなくて、今はなにか色々できないかと試行錯誤中。なにを極めるべきかなにを勉強するべきかわからなくて、「自分で選んだのにぜんぶ間違いだったんじゃないかな」と思うことも多い。

でもまだ働きはじめて2ヶ月だし、業界のことや実務のことも含め学べたことは多いし学ぶことはまだまだあるし、できること全部やりたい。違う業種のひとと話してるとおもしろし周りがいろいろ教えてくれるので今の環境に感謝しつつ、わたしもなにか返していけるように、手探りで進んでいきたいな、と思ってる。

まだ言えることはないですが、水面下でいろいろチャレンジしようと考え中。うまくいくといいなー。と久々にどうでもいいことを書いてみました。

薬と副作用と構造式の話

モーラステープの副作用の光線過敏症のことが話題になってましたね。

ameblo.jp

 

薬って病気を治すためのものだから、副作用のことって忘れられがちというか。特に市販薬だったり、目薬や皮膚の薬はそういう傾向が多い気がします。

でも全部薬です。そもそも身体に何かしらの影響を与えることを目的につくられたものだから、副作用が出てしまうことも当たり前。もちろん薬を作っているひとたちもそれを最小限にしたいと思っているし、処方する医師も、手渡す薬剤師も、副作用が出るのは仕方ないとは思ってません。

だからちゃんと伝えるし、体調や副作用歴や他に飲んでる薬を確認する。

 

103回の薬剤師国家試験では話題のモーラステープの主成分、ケトプロフェンの構造式が問題に出ていました。

f:id:chikanism:20180504000113p:plain

全問題はこちら→

第103回薬剤師国家試験問題及び解答(平成30年2月24日、2月25日実施) |厚生労働省

 

答えは5のフェノフィブラート(高脂血症の薬)で、構造式が似てるからということだと思います。ちなみに2のジクロフェナク(痛み止め)も光線過敏症の副作用が報告されているので2も5も両方正解になっています。わたしはめっちゃ悩んで2にしましたが正解になってよかった。笑

 

そういえば構造式の問題で、というか103回で結構印象に残ったのがこれ。

f:id:chikanism:20180504001331p:plain

f:id:chikanism:20180504001344p:plain

 

ビタミンは尿が黄色くなることが多いんですが、その話ですね。リボフラビンビタミンB2)とか。207の5がリボフラビン。他は調べてないしもう覚えてないのでわかんないけど、4がビタミンCなことはわかる。

207の設問で長い共役系があれば…と書いてるのでリボフラビンがわからなくても5を選べます。

水溶性のビタミンは多量に摂取してもすべて尿で排泄されるので、基本的に摂りすぎは問題になりません。ビタミン剤とか栄養ドリンクとか飲んだあとに尿がいつもより黄色くなった経験がある方は多いハズ。

ちなみに解答は206が3と4で、207が5です。

尿が着色すると恥ずかしいので…って。誰に見られるわけでもないのにな〜とも思ってしまいますが、そういう配慮も必要なんだなとか思いました。

 

話は逸れたけども、薬って万能じゃない。薬がダメとかじゃなくて、メリットもデメリットもあることを理解して、良い付き合い方をしていけるのが理想だな〜と思います。

頭が痛いときは痛み止めを飲むし、眠れなかったら睡眠薬を飲むこともある。わたし(というか薬に関わるひとたち)の役目は闇雲に不安を煽ることじゃなくて、やっぱり適切な付き合い方を提案していくことなのかなと思いました。わたしは実務経験がないし、これからも薬剤師免許を使った仕事をする日が来るかどうかわかんないけど、でも薬そのもののこととも、病気や身体のことも、他の人よりは勉強したしリテラシーもあるから、そういう部分を周りの人に還元していけたらなあと考えています。

おわり。

見た目と自己満足の話

メイクとかファッションとかって、最低限のこと以外は自己満足な部分が多いのに、結局他人から一番見られる場所だから他人からコメントされやすい部分でもあるよね。

わたしは自分で自分のことを冴えないインキャだと思ってるので、そう見えないようにいろいろと考えてるつもりなんですけど、他人からはそうでもない(インキャとは離れたような)感想をいただくことが多いので不思議。

 

友人はかわいい子が多いのであんまりメイクとか濃くない子ばかりなのですが、よく「いつもちゃんと化粧してて偉いねえ」と言ってくれる。でもメイクってわたしにとっては武装で、これがないと戦えないの。わたしだって出来ることなら朝起きて軽くファンデーションと薄い色のアイシャドウとリップだけで出かけられるようになりたい。

めちゃめちゃ発色の良いリップが好きなので「それで韓国人に間違われるんじゃない」と言われるんですけど、肌が白くないので薄いピンクとか似合わないんですよね。

 

 

たまに「爪キレイに塗ってるね」とか「髪色変えたね」とか気づいてもらえると嬉しいけど、そんなに見られてると思うと恥ずかしい。特に男性に言われるとびっくりする。昔同期の女の子が「口紅変えたね!」って言ってくれたときはめちゃめちゃ驚いた。そんなのわかるんだ〜と思って。

個人的に指摘されるのが苦手なのは香水です。「香水つけてる?」って言われるとめっちゃ恥ずかしい。クロエつけてたら学部の女の子に「あっクロエだ!いい匂いだよねえ」って銘柄までバレたので好きだったけど辞めました。

でもいいなと思ったらわたしも褒められるようになりたい。見た目だけじゃなくて、中身も、「あなたのそういうところ良いと思う」ってちゃんと伝えられるようになりたい。

 

 

さいきんSサイズの服が着れるようになったので(ものにもよるけど)嬉しい。ジムに通ったり、毎日ちゃんとボディクリーム塗ったり、そういうのも続けてれば効果あるものだなぁと思った。結局自己満足の範囲でも、理想にちょっとでも近づけるように頑張ろうと思います。

さいきんは特にヒジをキレイにしたくて頑張ってます(笑)

仕事のはなし

仕事たのしいです!まだ4週目始まったばっかりだけど!

毎日勉強になることだらけで、早く色々覚えなきゃな〜と思ってます。

 

最初の2週間は基礎の研修で、ビジネスのこととかグループワークとかがいっぱいあって、同期もみーんな良い人で、楽しかった。意見を言い合ったり、褒めてくれたり。自分の意見に自信がないタイプの人間なので、ちゃんと認めてもらえるのが嬉しい。

よく1日の終わりに振り返りをしてグループで共有というのをやってたのですが、まぁ振り返りや感想なのでみんなが「うんうん、そうだよね」と同意してくれるので、ちゃんと何かを言っていいんだ〜と思えて、意見を言う練習になった。ありがたい環境だ。

インターンしてた子も多いので、業務の内容とかだと色々教えてもらえる。代わりにエクセルの使い方は教えてあげられるし、みんな得意なことやできることがバラバラで、そういうのはちゃんと助け合っていけるのがいい状態だなと。

あとオフィスにも慣れてきて、電話にもだいぶ出られるようになりました。だいたいは営業の人宛てにかかってくるので取り次ぐんですが、まだ社員の顔と名前が一致してないのでその人を探すのが大変です。でも電話出たいからがんばる。

 

前に同期の子が、「ちかちゃんは薬剤師の免許とるくらい勉強を真面目にがんばれてさ、それってすごいよ。たとえばうちのプロダクトとか業界のことも絶対めっちゃ勉強できるし、詳しくなったら仕事にも活かせるし」って言ってくれて、そういうふうに認めてくれるひとがいて、そういうひとたちが同期で、恵まれてるな〜って思った。

同期もみんなすごい人ばっかり。先輩も。いろんなひとのいいところを見つけて、そこから学んでいきたい。尊敬できる人がまわりにいる環境ってこの上なく最高です。

 

前に会社のえらい人に、「わたしもう25なのに社会人1年目で、焦ってるんです」みたいな話をしたら、「でもそのぶん人生経験はあるし、それがイコール不利ってことはないと思うよ」と言われた。「薬剤師にならずにうちに来たのも、ほんとにめっちゃ良い選択だよ!!」とも。だからね、この選択を正解にするのはわたしだからね、がんばる。

 

そんなかんじです。ではまた。

あ、あと一人暮らしがサイコーです。

得点率3割から薬剤師国家試験合格まで

第103回薬剤師国家試験に合格しました。やっと合格証書も届きました。

あとは免許を申請するだけですが、もう仕事が始まるので区役所とかに行く暇があるのか謎です。

最初の模試でのズタボロから合格までの記録とか勉強方法とか。勉強とかに悩んでる学生さんがいたら是非。

 

国試当日までの変遷

10月7日 114点/345点

12月2日 176点/345点

2月1日   245点/345点

本番    251点/345点

※合格点:約225点

※全部薬ゼミの統一模試です

 

1回目模試

1回目の模試は10月7日でした。わたしは休学していてブランクがあったこともあり、また勉強を始めたのが9月だったこともあり、1回目はほぼほぼ何もわからずズタボロの結果。114点で、3割くらいしかとれていません。このとき学内の順位が90人中85番とかでした。ひどい。もちろんE判定

先に卒業した友人に聞いて、わたしも2回目の模試(12月2日)までに青本をぜんぶ1周終わらせるプランを立てました。

1冊に1週間ずつ割り振って、問題を3周やることを1周とカウント。正解したらチェックをつけて、何回やっても間違えるところに付箋を貼る。1週間以内にそこまで終わらせられたら、付箋のところだけ見直し。

1回目の模試の見直しは、あまりにも出来なさすぎたので一旦置いておいて、2回目の模試の直前にやりました。

 

2回目模試

2回目は12月2日で、これは176点。前回に比べたら伸びたけど、D判定。学内では85人中67番目くらい。ちなみに必須問題も7割切っていました。

このあとは模試のやり直しをして、知らなかった知識はノートにまとめることに。わたしはひとつのノートにしたけれど、今思えばルーズリーフにまとめたほうが科目ごとに分けられて良かったと思う。で、このノートを通学時間に眺めていました。

青本はもうすでに1周ずつやったので、既出問題集を1から順番にやることに。既にやったことある問題もあるので、1冊終わらせるのに1周間はかかりません。早めに終わったら次に進めていました。

セルフ模試や薬ゼミ以外の模試なども受けて、そこでも間違えたところはノートに。青本の内容でもどうしても覚えられないところはノートにまとめてました。

 

卒業試験

うちの大学は卒業試験が1月5日、6日くらいにありました。内容も国試に準じるとのこと、一応過去問などももらっていましたが、友人によると国試の勉強で問題ないとのことだったので国試のための勉強を継続。

お正月は北野天満宮(学問の神様で有名なところ)に合格祈願に行ったくらいで、他はずっと家かマクドナルドかカフェで勉強してました。国試の過去問が出るということだったので、98回〜102回の過去問は直前3日くらいでぜんぶやりました。しんどかった。

65%ギリギリくらいで合格、卒業が決定したのでいったんここでずいぶん気持ちがラクになった。

ここからは3回目模試に向けて1日ごとにスケジュールを組んで1科目ずつ回してました。もう何周もやってるので、1日あれば1周終わらせられる。

 

3回目模試

3回目は2月1日で、これではようやく245点、合格点以上をとることができました。3回目は薬ゼミも気合い入れてきてる、って噂でしたが思ったより簡単でびっくりした。B判定だったし、学内順位も80人中28位に。(人数が減ってるのは察してください)

この日以降は、模試のやり直し以外はまた1日ごとにスケジュールを立てて、国試直前2日は総復習ができるように調整。

f:id:chikanism:20180329213652j:plain

↑こんな感じ

科目は自分の苦手なものをあとに持ってくるようにしてました。実務や法規、薬物治療などそこまでハードじゃないものは早めにやっておいて(忘れにくいから)、公式とか忘れやすくて苦手なものを直前にやるようにしてました。個人的にですが物理は直前のほうが記憶が残るので点がとりやすいです。

最後2日はまた過去問を98回〜102回までやりました。覚えきれてなかったところはカードにまとめて、直前に見返せるようにした。

 

当日

当日はホテルに持っていった青本は衛生のみ。あとは薬ゼミ要点集の薬理と実務、薬ゼミの直前講習(大学での)でもらった資料。ホテルではそこまでがっつり勉強せず、なんとなく見返す程度にしてました。やりだすとキリがない気がして。(ちなみに薬ゼミの山かけで「絶対出る!」って言われていた物理の範囲とかは出なかったので、信じすぎないように!)

会場は大阪商業大学でした。ホテルは絶対にとっておいたほうがいいです。会場が直前までわからないので、わたしは去年の会場(大阪工業大学桃山学院大学)の近くを9月くらいから押さえてて、会場候補が発表された時点で大阪商業大学の近くのホテルを押さえてました。2月に会場がわかってからキャンセルでも、1週間以上前だとキャンセル料もかかりません。9月でも結構いっぱいでした。

会場内はトイレが少ないので水分のとりすぎは厳禁、コンビニも構内のは閉まってた気がするので会場に入る前に買っておくとよいです。ブランケットはOKでした。お腹いっぱいだと眠くなるのが怖いのでわたしはサンドイッチとチョコレートとかにした。

途中退室するひとはほぼいなくて、ぎりぎりまで見直し、確認をしている感じ。試験時間が長いし、合ってる自信もないし、終わった頃には疲労困憊。おつかれさまでした。

 

その他

勉強はほとんど大学の図書館でしてました。薬学生用の自習室もあったけど、わたしは学年がズレてて友達もほぼほぼいなかったので逆に自習室は行きづらかった。卒業試験が終わって大学の授業がない時期は、だいたい毎日7時半くらいに起きて9時半くらいに大学について、図書館に夜8時〜9時までいて家に帰るという生活をしてました。食堂が開いてるときは食堂でご飯を食べて、土日など早く閉まる日は近くのマクドナルドに行くことが多かったです。

今思い返すと当時の記憶があんまりない(笑)

勉強中は疲れたり眠くなったら仮眠してたけど、本番はそうはいかないので、不眠気味だったわたしは精神科にいってゾルピデムをもらってました。本当にすぐ眠れるので、もっと早くに頼っておけば良かった。今はもう飲んでないけど、不思議と眠れなくて困ることはないです。

f:id:chikanism:20180329220348j:plain

↑部屋の壁に貼ってた

f:id:chikanism:20180329220405j:plain

↑貼ったり持ち歩いたりするカード

f:id:chikanism:20180329220427j:plain

↑トイレのドア

f:id:chikanism:20180329220428j:plain

↑トイレの壁。自律神経系はとても苦手でした

f:id:chikanism:20180329220430j:plain

↑洗面所の壁。髪乾かしたり歯磨きしながら見てました。

 

まとめ

ほぼほぼ勉強しない前半を過ごしてしまって最初の模試で3割しかとれなくても、ちゃんと勉強したら国試は受かります!結構長くて、あと青本が重くて身体も気持ちもしんどいことも多いですが、まわりに頼りながら頑張ってください(受ける方がもし見ていたら)。

わたしは6年制薬学部から休学して留学、ぎりぎりの就活(8月までかかった)、他業種への就職(IT・インターネット広告業界)などちょっと変わった経験もしてきたのでなにかあればツイッター@chikanism818)からでもなんでもどうぞ。めっちゃしんどかったです。笑

 

受けた直後↓ 

www.chikanism.com

 

つらかった話↓

www.chikanism.com

 

 

どうでもいい話(2018年3月 ③)

自分に自信がない。

以前自分の感情に自信が持てないみたいなことを書いたけど、それだ。そのときは、わたしは「嬉しい」とか「悲しい」とか「腹が立つ」といった感情が、正しいのかどうかわからないということだった。

でも、それだけじゃなくて、そういう感情を含めた自分の内面から出てくる考えや意見なども含まれていることに気づいた。

 

例えば、実験結果からの考察なら、自分の感情は含まれないし事実に基づく推測なので他人にも言いやすい。他にもこの事実についてどう思うか?とかならまだマシだ。

わたしが苦手なのは、「なんでこれが好きなんですか?」とか「(こういう生活がしたいなどと述べたとして)それはなぜですか?」というような、個人的な、思想とかスタンスとか感情とかが含まれてくるような意見を述べること。

本当は考えていることや思っていることがあっても、いざ聞かれるとどうしても言えなくて「いや、うーん、えっと…」みたいになってしまうことが多々ある。

 

他人にどう思われるかを気にしすぎてるのかもしれない。否定されるのが怖いのかな。

 

内定先から、研修で使うワークシートが送られてきた。そのなかに、選択肢のなかから4つ選んでそれについてイラストを描け、というものがあった。わたしはこういうのが苦手なのだ。イラストを描くまではまぁ良くて、たぶんそれを発表させられるんだろうなぁと思うとなんか憂鬱になってしまった。娯楽で描いてネットに載せるぶんには構わないけど、こうやって研修とか選考とかで使う場合、そこからわたしのなにを判断するの?と思うと気後れする。

 

 

昔はわたし、目立ちたがりだった。学級委員とか合唱コンクールの指揮者に立候補するような子どもだった。たぶんもっと自分のことを信じてたし、自信もあった。小学校の低学年くらいまで。

今は隠れていたいわけじゃないけど、まわりには「もっと自分に自信持って」とか「色々考えてそうなのになんで何も言わないの」とか言われることが多い。なんとなくこうなった原因も思いつくけど、克服できるのはまだまだ時間かかりそうだな。

 

 

ちょっと話は逸れるけど、人見知りはずいぶん治ったと思うけど、話すのが下手すぎるのもなんとかしないとそろそろ社会人なのに困りそうだなあ。